スポンサーサイト

  • 2017.02.05 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    大気浴・裸療法・風浴法を簡単に説明すると

    • 2017.02.04 Saturday
    • 09:54

    大気浴療法、裸療法、風療法、風浴法などなど色んな名称で紹介されている健康法です。

    かなり以前から、書籍やサイトで紹介されていたり、健康法として薦めているお医者さんがいたりします。

    私も十数年前まで実践しておりました。(虚弱体質改善目的で)

     

    ざっくり解説しますと・・・

     1.服を脱いで裸になる〜服を着る〜を繰り返すことで皮膚呼吸を活発にする

     2.皮膚が元気になると身体全体が健康になる!

    という理屈です。

     

    チェックポイント

     ・自分の部屋で窓を開けて空気の流れを良くする(冬は暖房つけてても良いと思う)

     ・裸になる(真っ裸はキツイので下着姿でもOK)

     ・服を脱いだり着たりするのは面倒なので「毛布を用意」してこれを脱いだり被ったりする

     ・体調の悪い人は寝たままでもOK

     

    注意点

     ・食後30分間は行わない

     ・入浴後1時間は行わない

     

    大気浴療法(裸療法)のメリット

    • 2017.02.04 Saturday
    • 10:12

     大気浴療法・裸療法はお金がかからず気軽にできる健康法として紹介されていますが、医療行為ではないので効能をうたうことはできません。

     「療法」と銘打って良いかどうかという判断もありますが、通称でご紹介ということでお許しください。

     

    以下、考えられるメリットを紹介(書籍・体験談・口コミより)

     ・体質改善

     ・皮膚が鍛えられることでアトピー性皮膚炎などが改善

     ・血行が良くなった

     ・便通が良くなった

     ・風邪をひかなくなった

     ・胃腸の調子が良くなった

     ・がん治療や予防に有効という説もあり

    ※誰にでも上記の事象が起こるというわけではありません。

    (自己判断で行ってください)

     

    実際にやってみよう!

    • 2017.02.04 Saturday
    • 10:26
    服を脱ぐ(裸になる) 服を着る(毛布を被る)
    1 20秒 1分
    2 30秒

    1分

    3 40秒 1分
    4 50秒 1分
    5 1分 1分30秒
    6 1分10秒

    1分30秒

    7 1分20秒 1分30秒
    8 1分30秒 2分
    9 1分40秒 2分
    10 1分50秒 2分
    11 2分 15分くらい安静にして休む

     

    以上

     

    この表の時間通りに行います。

    健康状態に応じて、1日に何セットか行います。

    がん患者の方は1日に10セット以上行っているそうです。

    連続して行わず、30分程度時間を空けて行うほうが良いとのこと。

     

    ※体調に異変を感じた時は無理しないでください。

    ※自己責任で行ってください。

    androidアプリ、大気浴ナビゲータ(裸療法ナビゲータ)

    • 2017.02.05 Sunday
    • 18:09

    スマホで大気浴(裸療法)をナビゲーションしてくれる「大気浴ナビゲータ」をandroidのグーグルプレイストアで公開しました。

     

    服を着るタイミング、服を脱ぐタイミングを音と振動でお知らせします。

     

    現在、何回目であるか、あとどれくらい待ち時間があるか、画面に表示されるので便利です。

     

    時計を見たり、音楽を再生したりする必要がないので、とても楽だと思いますよ(^_^)

     

    もちろん無料アプリですし、セキュリティ的にも安全です。

     

    https://play.google.com/store/apps/details?id=obarasaketen.taikiyokunavi

     

     

    iPhoneの方はごめんなさい。

    1万円くらいのsimフリーandroidスマホでも快適に動作しますので、これを機会にandroidスマホを購入してぜひお試しください。